【朝日杯FS 2018】朝日杯FS指数予想!指数一覧と穴馬について

↓フォローお願いします
↓フォローお願いします


↓LINE@登録お願いします。
友だち追加

-PR-

競馬場で人気のフィギュアコレクション

※目次から各トピックへ飛べるようにしました。

▼本日のトピック

▼有馬記念予想①

↓LINE@登録お願いします。 -PR- 競馬場で人気のフィギュアコレクション ※目次から各トピックへ飛べ...

どうも。

れんこんです。

急に寒くなりましたね。。。あまりの寒暖差に風邪を引いてしまいました。みなさんも年末に向けて体調管理に気を付けてください。

さて、来週末は有馬記念ですが、その前に!今週末は朝日杯FSが開催されます!ここで資金稼ぎして有馬記念で勝負したいですよね!

ということで早速予想していきたいと思います。

①朝日杯FS 指数一覧

さて、先週は阪神JFが開催され、2歳牝馬王者ダノンファンタンジーが勝利しました。しかし、2歳牝馬にはもう一頭大注目の馬がいますね。みなさんご存知”グランアレグリア”です。牝馬では38年間勝ちのないレースですが、今回グランアレグリアは間違いなく1番人気となってくると思います。新馬戦で下したダノンファンタジーが阪神JFを制したことにより、より一層支持は集まりそうで、鞍上もルメール騎手と、単勝1.5倍くらいの人気になってきそうです。しかし、4年前には同じく牝馬のミスエルテが単勝2.4倍の1人気で4着に敗退したように、やはり牝馬でこのレースを制するのはハードルが高そうです。

それでは早速指数をチェックしてみましょう。

▼指数一覧

最高指数 87.25

平均指数 83.61

指数では外国人騎手が1~3位を占める結果となりました。うーん。外国人騎手の馬質はすごいですね。笑 ド堅い決着になりそうな匂いがしますが、そうはいかないのが朝日杯FS。昨年こそ堅い決着となりましたが、過去5年を振り返ると3連単1000倍越え3回と波乱もあるレースです。ここはグランアレグリアの怪物度に注目が集まるレースですが、穴馬の台頭を考えていきたいと思います。

■指数1位 グランアレグリア ルメール

指数1位はやはりこの馬。新馬戦を1:33:6という驚異的なタイムで勝つと前走サウジアラビアRCも快勝。逆らえない成績ではありますが、前走もスタート悪く道中かかっていたように、気性難があるのも事実。今回は関西圏への輸送もありますし、その辺が気になるところではありますね。藤沢和雄厩舎も最近ポリトラック追いにこだわっていますし、レイエンダやシェーングランツで結果がでていないのも気なりますよね。。。まぁそんな不安が気にならないほどの能力は持っているとは思いますが、絶対の信頼、単勝1.5倍で買い!と言われるとちょっと疑問ですね。有力は間違いありませんが、2年前のファンディーナのような例もありますし、ここは注意したいところです。

■指数2位 ケイデンスコール C.デムーロ

こちらは夏の2歳重賞、新潟2歳Sを制した馬です。3戦して3戦とも上り最速を使っているように、末脚は相当なものを持っています。最近大活躍中のロードカナロア産駒ですし、この馬も有力となってきそうです。瞬発力が活かせるような展開になれば好走必須ですが、気になるのは阪神芝の状態です。先週は開幕2週目とは思えない時計のかかる馬場になっていただけに、瞬発力勝負を得意とするこの馬にはマイナス。もちろん先週は雨の影響もありましたし、今週は高速馬場に戻っている可能性もあります。タフなレースとなりやすい阪神1600mをどうこなすかがポイントとなってきそうです。

■指数3位 アドマイヤマーズ M.デムーロ

こちらは現在3連勝中の牡馬です。新馬戦ではケイデンスコールを下していますし、前走のデイリー杯2歳Sも逃げて粘りこんで勝ち。強い勝ち方だったと思います。2着馬メイショウショウブは阪神JFで負けたことで、やや不安視されているようですが、前走は着差以上に強い内容だったと思います。新馬戦も前走も、並ばれてから抜かせない粘り強さがありました。前走は3か月半ぶりのレースで+12kgと緩い仕上げだったにも関わらず勝ちましたが、ここは叩き2戦目でさらに上昇してくるはず。最終追切に注目ですね。

②狙いたい穴馬

有力馬は確かに強いですが、穴馬の台頭も忘れてはいけません。個人的に面白いなと思う穴馬が2頭いましたので、紹介したいと思います。

まず一頭目は↓

[最強]競馬ブログランキングへ

※約15位です。馬名の確認方法はこちらに記載してます。

こちらの馬ですが、指数も十分ですし前走の内容はめちゃくちゃ強かったですよね。前々走まではヨレながら走っていましたが、前走は超大外をぶん回してロスの多い競馬でしたが、それでも差し切りました。このときの馬場は前残りが多い馬場でしたが、その中でも後方一気を決めた能力は相当なもの。時計も申し分ありませんし、これまで下したきた相手も続々と500万下を勝ち上がっていて、この馬が人気しないようなら穴で狙いたい一頭です。ただ、騎手が最大の不安要素です。。。こちらも枠などを見て印の重さを決めたいと思います。

2頭目は↓

人気ブログランキング 

※約40位です。馬名の確認方法はこちらに記載してます。

こちらは2戦2勝馬ですが、大穴想定されています。初戦はハイペースを先行して差し切り、前走はスローペースを逃げて2着馬を寄せ付けない勝ち方。どちらも強いレースができたと思いますし、こういう人気薄の逃げ馬はしれっと3着したりしますよね。笑 この産駒ながら馬体からも1200~1600mまでといった感じで、阪神1600mのタフ展開な展開になればあっさり残ってしまうかもしれません。また1週前追切では坂路自己ベストを大幅に更新しており、最終追切に注目したいですね。

以上になります。

この記事が参考になったという方は、Twitterでいいね!RTしていただけるとありがたいです。

https://twitter.com/renkon6keiba

それではまた!

↓この記事が参考になった方はクリックをお願いいたします。

スポンサーリンク