【京成杯2019】京成杯 予想 指数一覧と5走マップから狙いたい馬について

↓フォローお願いします
↓フォローお願いします


↓LINE@登録お願いします。
友だち追加

-PR-

競馬場で人気のフィギュアコレクション

※目次から各トピックへ飛べるようにしました。

▼本日のトピック

どうも。れんこんです。最近インフルエンザが流行ってますね。。。会社でも風邪を引いている人が多く、気を付けたいところです。みなさんもお気をつけあれ。

さて昨日は日経新春杯の予想記事をかきましたが、今週は3歳重賞も2つあります。フェアリーSと京成杯ですね。特に京成杯は混戦模様でオッズもかなり割れてくると思います。毎回言っている気がしますが、この手のレースは是非ゲットしたいですね。笑

それでは早速指数と注目馬についてみていきましょう。

▼日経新春杯 予想記事

↓LINE@登録お願いします。 -PR- 競馬場で人気のフィギュアコレクション ※目次から各トピックへ飛べ...

①京成杯 指数一覧

毎年そこまでメンツが揃わない京成杯ですが、昨年はジェネラーレウーノやコズミックフォースといった、後にクラシックで活躍する馬達が好走しました。今年は結構メンバーが揃った印象で、どの馬もここで賞金加算したいレースなので、かなり予想が難しいレースになってくると思います。

▼指数一覧

指数1位はシークレットランです。前走同舞台の葉牡丹賞をレコード勝ちした馬で中山芝は2戦2勝と有力な馬です。騎手は内田騎手が続投するということですが、まぁ恐らく1人気にはなりませんよね。笑 近代競馬において人気どころは「外国人騎手+ノーザンF生産馬」というのが最早常識となってきていますので、おそらく1人気はデムーロかルメールでしょう。しかもシークレットランはダンカーク産駒ですので、間違いなく1人気はありえません。まぁ恐らく1戦1勝馬のラストドラフトが1人気となるでしょう。(わかりませんがw)

となってくると、実績的にも指数的にも申し分ないこの馬は結構買えると思っているのですが、前走内容も強かったですよね。スタート後に寄られる不利を受けて後方追走となりましたが、4角外をまくっていって直線差し切る強い勝ち方。展開は向いたものの、スタートの不利がありながらレコード勝ちできるのですから、能力は間違いありません。坂を登ってからめちゃくちゃ強い馬ですので(w)中山2000mで大崩れってことはなさそうです。ただ、2走とも捲っていって勝っているので、内枠を引いて包まれるってことになると厳しい気もします。外枠を引ければ本命まで。

注目のデムルメですが、まず指数5位のラストドラフト。新馬戦は現地で見ましたが、馬群の間を割って伸びてくる強い勝ち方でした。まぁスローペースの直線勝負を勝っただけという評価もできますが、そういう馬が重賞で勝ってしまうのが、現代競馬でもありますね。。。鞍上もルメールですし、評価がかなり難しい一頭です。

そして指数6位のダノンラスターこちらは前走東京スポーツ杯5着。東京スポーツ杯組の活躍を見ると、この馬も上位評価できます。前走は直線進路がなく、やっと空いたところを最後流れ込んだ形。間違いなく見直せる一頭ですし、鞍上にデムーロを確保してきたあたり、勝ちに来ることは間違いありません。ただ、今の中山でこのタイプの馬が好走するイメージが沸かないのも事実。新馬戦もドスローを勝っただけですからねぇ。。。まぁこちらもかなり評価が難しいです。笑

ということで現時点で軸選びに迷う京成杯ですが、ここでデムルメが馬券に絡まないってことがあっても、全く驚けませんし、その逆も然り。こういうレースは穴馬から入りたいところですね。

②5走マップから狙いたい馬

さて、穴馬を探していきましょう。まずは近5走マップから。

▼近5走マップ(色付きは中山コース)

ご覧の通り、シークレットランは中山を2戦使って、95→97と高指数。しかもデビュー時から馬体が24kgも増えていますから、ここも好走してくるでしょう。

あとの有力馬はランフォザローゼス以外中山経験がありませんから、評価が難しいですがここは優勝ラインとしては96ぐらいの指数が必要になってきそうです。

ではどの穴馬を狙っていくのかというと↓

[最強]競馬ブログランキングへ

※約20位です。馬名の確認方法はこちらに記載してます。

未勝利を抜けただけの馬ですが、新馬戦よりも確実に上昇度の高いレースをした当馬。前走、タフな展開をしっかり差し切りましたし、今のタフな中山の馬場にも合いそうです。ここでさらに指数をあげてくるようならかなり面白い一頭となりそうです。鞍上も個人的にはこの条件で買えると思っているので、人気薄になるようなら狙っていきたいです。追切に期待!

もう一頭、ナイママも面白いと思います。前走負けすぎ感もありますが、東京コースは明らかに適性外ですよね。前前走の札幌2歳Sではニシノデイジーにタイム差なしの2着ですから、能力は高い馬だと思います。前走直線でフラフラしてしまい、大敗してしまいましたが、小回りに変わる今回、適性を示せれば好走してもおかしくない一頭です。札幌2歳は1着ニシノデイジー、3着クラージュゲリエですよ?笑 まともならこのメンバーで実績最上位といえると思います。こちらも枠順と追切に期待したいですね。

この記事が参考になったという方は、

Twitterでいいね!RTしていただけるとありがたいです。

https://twitter.com/renkon6keiba

スポンサーリンク