【安田記念2019】指数で予想!指数一覧と注目馬 上積み見込める馬から勝負

↓フォローお願いします
↓フォローお願いします


↓LINE@登録お願いします。
友だち追加

▼おすすめ記事

↓LINE@登録お願いします。 れんこんの競馬講座 どうも。れんこんです。今日は偉そうに競馬講座を記事にしたいと思い...

▼本日のトピック

どうも。れんこんです。先週はダービーウィークで大盛り上がりでしたね。予想的にも◎ダノンキングリー、〇ヴェロックス、▲サートゥルナーリア、注ロジャーバローズで完璧。◎‐〇のワイド1点で挑みましたが無事、3.8倍の的中となりました!3連系はもったいないですが、まぁ仕方ないです。笑

平場の方も好調で、回収率は139%となりました!

そして、目標としていたフォロワー5000人を達成しました!Twitterの方でもいろんな方に見ていただけて嬉しいです。これからもいろんな方の期待に応えられるように、頑張っていきたいと思います。

https://twitter.com/renkon6keiba

さて、今週は安田記念!個人的に大好きなG1ですし、しっかり分析していきたいと思います。

■れんこん競馬新聞のお知らせ

先週も好評いただきまして、ありがとうございました。れんこん競馬新聞は100円。レースが終われば無料公開しますので、終わってからの回顧等にも使っていただければと思います。

是非覗いてみてください!↓

https://note.mu/renkon6keiba

■先週の的中実績

20190526 

京都7R ◎トモノコテツ 3着

ワイド 450円 的中! 回収率360%

京都8R ◎ロイヤルバローズ 1着

馬連 600円 ワイド300円 的中! 回収率263%

東京11R 東京優駿 ◎ダノンキングリー 2着

ワイド380円 的中! 回収率380%

①安田記念 指数一覧

東京芝1600mで開催されるG1 安田記念。古馬マイル王者を決める戦いとなりますね!

今年はめちゃくちゃ豪華なメンバーが集まりました。G1 5連勝、圧倒的力を魅せているアーモンドアイ、2000m以下では負けなしのダノンプレミアム

どちらも強い馬ですし、好きな馬なので、楽しみで仕方がありません。6月2日は僕の誕生日ですし、どかんと的中させてお祝いとしたいと思います。笑

▼指数一覧

平均+1SD:アーモンドアイ、インディチャンプ、ダノンプレミアム

平均指数:79.03

標準偏差:1.80

②人気馬見解と注目馬

指数からもかなりハイレベルな戦いとなりそうな安田記念ですね。みなさんの悩みどころとしては、上位二頭の扱いと、買い方だと思います。紐荒れは見込めるレースですし、そこに台頭してきそうな馬を探していきたいと思います。

指数1位 アーモンドアイ ルメール

まぁもうこれは文句なしの1位ですね。海外含めG1 5連勝中。昨年は三冠牝馬にも輝きましたし、ジャパンカップでは古馬強豪相手にレコード勝ち。高速馬場にも対応しましたし、前目からのレースもこなしてみせました。はっきり言って死角はありません。毎度不安要素が囁かれるアーモンドアイですが、この馬に関しては重箱の隅をつつくようなものです。これまでもすべての不安要素を覆してきましたし、ここも心配はないと思います。

先週の東京馬場をみていると確かに前残りが目立つ結果となりましたが、これも問題ないでしょう。差し馬が台頭していないというわけでもありませんし、前残りを意識した目黒記念では、外を差してきたルックトゥワイスが勝利。ルメール騎手も戻ってきますし、この馬場の中、最後方待機なんて競馬はしないと思います。

唯一不安点をあげるとすれば、レース後に熱中症のような症状がみられる馬ですので、暑さが敵でしょう。ただ、これも重箱の隅にしかすぎないもので、この馬の規格外の能力には逆らいようがないと思います。

指数2位 インディチャンプ 福永

東京新聞杯の勝ち馬で、今後のマイル路線を引っ張っていく存在になりえる馬ですね。条件戦を連勝で挑んだ東京新聞杯では、痛恨の出遅れ。それでも中団につけると、直線は抜け出し快勝でした。抜け出すときの脚は魅力的なものがありますし、これまでのレースを観ても、走りに力強さがありますよね。高速決着でもタフなレースでも好走できているのも強調できますし、ここはかなり面白い一頭だと思います。なんというか、抜け出してくるときの迫力がすごい馬なんですよね。笑

前走のマイラーズCでは、4着に敗れてしまいましたが、前哨戦仕上げの余力残し。馬体もかなり太く映りましたし、その分脚が鈍ったと考えていいでしょう。叩いて上積みも見込めるでしょうし、東京コース替わりは大幅なプラス。ここは有力視したいところ。

指数3位 ダノンプレミアム 川田

金鯱賞で復活勝利をあげると本来の走りを取り戻したダノンプレミアム。前走もマイラーズカップを快勝しました。キャリアを振り返るとダービー以外負けたことのない馬。2歳王者となったころの走りは異次元の強さで、自分でレースを作って快勝する横綱競馬ができるのが魅力でした。しかし、脚元に不安のある馬で、なかなか順調に使えず、3歳秋は全休となってしまいました。

復帰戦の金鯱賞では強敵相手に快勝し、この馬の本来の実力を見せつけることができました。マイル戦は得意舞台ですし、ここは有力間違いありません。こちらも順調にここへ向けて調整されていますし、脚質も今の東京にぴったり。アーモンドアイと人気を分け合っていますが、こちらは先行、アーモンドアイは差しということでかなり面白いレースが期待できそうです。

という感じで、2強感がかなり強い安田記念2019ですが、穴馬の台頭は考えられます。正直この二頭以外はかなり混戦ですので、穴馬を探してそこから勝負したいところです。

前走重賞勝ちのフィアーノロマーノは、前走休み明けながら好位抜け出す競馬で勝ち切り。下したプリモシーンはヴィクトリアマイルで2着に好走しましたし、この馬も有力視できます。指数的にも文句ありませんが、ただ高速馬場の東京というより、中山のようなタフなコースに適性がありそうですね。その点考えると、ここで重視するのは難しい馬かと思います。

あとはサングレーザーも怖い一頭です。昨年の安田記念も0.2差で5着入賞していますし、天皇賞秋ではレイデオロから0.2差の2着に入賞と、実績はここでもトップのものがあります。前走大阪杯は休み明けで大敗となりましたが、どうみても阪神コースよりも東京向きの馬ですし、ここはかなり怖い存在だと思います。

そして現時点で僕が重視したい一頭は↓こちら

[最強]競馬ブログランキングへ

※約30位です。馬名の確認方法はこちらに記載してます。

差し脚が魅力の当馬ですが、今回の展開を考えるとかなり狙えるかと思います。アエロリット、ロジクライ、ダノンプレミアム、グアンチャーレなど前につけたい馬が多数いますし、馬場を考えると内前がかなり混戦になるはずです。そうなってくると直線差し馬が伸びてくる展開が考えられますし、この馬の得意パターンになる可能性は高いです。東京実績的にもローテ的にも魅力ですし、ここは人気次第では勝負したい一頭かと思います。

以上になります!

この記事が参考になったという方は、

Twitterでいいね!RTしていただけるとありがたいです。

https://twitter.com/renkon6keiba

それではまた!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク